活動報告

~滝根 きむコロ物語~

kimukoro 昭和40年代中頃から、神俣駅前にある「木村精肉店」の手作りコロッケが評判を呼び、磐越東線での通学・通勤者はもとより、小・中学校の生徒にもお小遣いで買える夕飯前の≪おやつ≫として人気で、近隣の主婦にも支持を得て、【きむコロ】の愛称で親しまれていました。

滝根町に帰省した人は【きむコロ】を食べて始めて滝根に帰ってきた気がしたそうです。

この【きむコロ】が実は…カレーコロッケだったのです。

中型スーパーが近隣にできるまでは、滝根町ではコロッケと言えばカレーコロッケを意味し、ジャガイモだけのコロッケはコロッケではないと思っていたほどでした。

それほど、滝根に浸透していたことを物語る、今で言う『県民ショー』的エピソードです。

また、【きむコロ】をウースターソースで食べると当時としてはちょっぴりハイカラ気分を味わえて人気がありました。

しかし、店主は50歳半ばでこの世を去り、今では当時の味を継承する人もいません。

 

ころものきめ細かさと青ねぎと挽肉がたっぷり入ってカレー味と絶妙にマッチした…event

≪ころもサック・サック、中トロ~リ≫の昔懐かしい食感のカレーコロッケ…。

 

東日本大震災や原発事故の風評被害でこのまま落ち込んでいてはだめだ!!

みんなが元気になるものはないかな!?

そんな時、思い出したのが【きむコロ】だったのです。

 

【きむコロ】を食べて育った世代の人々に、当時の活力ある感覚をもう一度呼び覚ましたい…。

地元の元気を取り戻したい…という一心で【きむコロ カレーコロッケ】復刻版は誕生いたしました。

 

滝根町商工会女性部 紹介動画はこちらをクリック!(新しいウインドウを開き、youtubeに移動します。)

 

<検索先頭に戻る>

5月17日、第51回通常総会等を開催

IMG_6839

全女性連新役員のみなさん

全女性連は、5月17日(水)TKPガーデンシティ品川(東京都港区)にて第51回通常総会を開催しました。

松村経済産業副大臣、渡辺参議院議員(全国連顧問)、宮本参議院議員(全国連顧問)、中小企業庁 高島経営支援部長等から挨拶をいただいた後、濱上石川県女性連会長を議長に選出し議事に入り、平成28年度事業報告並びに収支決算書等が原案どおり全会一致承認されました。

また、第2号議案として任期満了に伴う役員選任を行い、末武栄子会長が再任されました。

 

本総会において選任された役員は、次のとおりです。

(任期:2年)

【会 長】

末武 栄子(新潟)

【副会長】

松田 和子(岩手)、柏木 京子(神奈川)、中谷 敬子(岐阜)

坂本 ひとみ(兵庫)、山本 真由美(高知)、古館 日登美(佐賀)

【理 事】

石本 留美子(北海道)、菊池 秀子(宮城)、神﨑 清美(千葉)

佐々木 悦子(長野)、濱上 美知子(石川)、橋口 明美(大阪)

日神山 千代子(岡山)、西岡 千代子(愛媛)、後藤 政子(大分)

【監 事】

丸森 典子(山形)、徳永 たつ子(富山)、大谷 恵美子(島根)

 

総会終了後に、都道府県女性連会長研修会を開催し、「これからの女性部活動について」分科会を行いました。

<検索先頭に戻る>

4月17日「創業等支援助成金」審査委員会等を開催

全女性連では、4月17日に「女性の創業等支援助成金」審査委員会を開催し、審議の結果、女性部4件(神奈川県 綾瀬市商工会女性部、山口県 岩国西商工会女性部、福岡県 みやこ町商工会女性部、大分県 九重町商工会女性部)と個人・グループ4件(東京都三鷹市商工会女性部所属 倉橋典江さん、岐阜県揖斐川商工会女性部所属 下里かの子さん、滋賀県安土町商工会女性部所属 西の湖じゅんじゅん部会さん、福岡県若宮商工会女性部所属 栗原美香さん)が採択されました。
また、翌18日に全女性連 役員会・理事会を開催し、「女性の創業等支援助成金」の採択結果の承認や商工会女性部手帳、「全女性連 まち(地域)づくり顕彰の実施」等について審議をしました。

<検索先頭に戻る>

12月13日 全女性連第3回理事会を開催

全女性連理事会(28.12.13)

全女性連理事会(28.12.13)

全女性連では、12月13日(水)に、役員会・理事会を開催し、11月8、9日に開催された全国組織化50周年記念式典・大会の報告及び来年度事業等について審議いたしました。

 

<検索先頭に戻る>

平成28年度実績

≪災害対策費の拠出先≫

地震被害(4月)

送金先  熊本県、大分県 各県女性連

送金額  70万円(熊本県)、30万円(大分県)(合計100万円)

台風被害(9月)

送金先  北海道、岩手県 各県女性連

送金額  200万円(北海道)、50万円(岩手県)(合計250万円)

<検索先頭に戻る>

9月9日 全女性連第2回役員会・理事会を開催

P1060112

役員会理事会の様子

全女性連では、9月9日(金)に、役員会・理事会を開催し、11月8、9日に開催する全国組織化50周年記念式典・大会及び災害対策費の拠出等について審議いたしました。

 

<検索先頭に戻る>

5月18日 全女性連第50回通常総会等を開催

末武会長挨拶

末武会長挨拶

全女性連は、5月18日(水)、フクラシア東京ステーション(東京都千代田区)にて第50回通常総会を開催しました。

松村参議院議員(全国連顧問)、渡辺参議院議員(全国連顧問)、宮本参議院議員、中小企業庁等の挨拶に続き、松田 岩手県女性連会長を議長に選出し議事に入り、平成27年度事業報告並びに収支決算書等が原案どおり承認されました。

また、役員の補欠選任を行い、新監事として後藤 大分県女性連会長を選任しました。

 

 

都道府県女性連会長研修会では、新潟県見附市のしたみちオフィス株式会社 代表取締役 今井 美穂(いまい みほ)さまをお招きし、「地域を元気に!地域活性化モデルの挑戦」と題して、基調講演を開催しました。

⇒今井美穂さんのブログはこちら

研修会の様子

研修会の様子

懇親会

懇親会

 

 

 

 

 

 

<検索先頭に戻る>

4月18・19日 第1回役員会・理事会等を開催

yakuin-rijikai全女性連では、4月18日に「女性の創業等支援助成金」審査委員会を開催し、審議の結果、女性部3件(北海道 遠別商工会女性部、静岡県 新居町商工会女性部、鹿児島県 南九州市商工会女性部)と個人・グループ2件(長野県 小谷村商工会女性部所属 小谷の四季さん、福岡県 宇美町商工会女性部所属 循環レストランのあさん)が採択されました。

また、翌19日に全女性連 役員会・理事会を開催し、「女性の創業等支援助成金」の採択結果の承認や商工会女性部手帳等について審議をしました。

<検索先頭に戻る>

【活動報告】第17回商工会女性部全国大会inTOKYO

  第17回商工会女性部全国大会inTOKYO ダイジェスト版

(①式典4:43、②主張発表大会5:52)

  
 平成27年10月7日(水)、全国から約3,000名の女性部員が一堂に会し「第17回商工会女性部全国大会in TOKYO」をNHKホール(東京都渋谷区)にて開催しました。

大会当日は、公務ご多用中にもかかわらず、豊永 中小企業庁長官、前田 東京都副知事、髙島 東京都議会議長、松村参議院議員、渡辺参議院議員、宮本参議院議員ら多数ご来賓の皆様が駆けつけてくださいました。

主張発表大会では「女性部活動に参加して 部員増強の取り組み」をテーマに発表した中国・四国ブロック代表 さぬき市商工会女性部(香川県)の寒川 福見さんが見事、最優秀賞を受賞しました。

10月7日女性部全国大会inTOKYOの様子

添付ファイル:「第17回商工会女性部全国大会inTOKYO」開催報告.pdf(822KB)

 

<検索先頭に戻る>

3月16日 全女性連臨時総会等を開催

全女性連は3月16日、アルカディア市ヶ谷 私学会館(東京都千代田区)にて臨時総会を開催しました。末武会長の開会挨拶、松村参議院議員、渡辺参議院議員、宮本参議院議員、中小企業庁等の挨拶に続き、村松静岡県女性連会長を議長に選出し議事に入り、平成28年度事業計画及び収支予算書等が原案どおり承認されました。

平成28年度より、①輝く女性部活躍推進基金事業をスタートさせ、全国の女性部がより地域等で活躍し、輝くための事業を検討し、推進していくことが了承された。また、②引き続き広報委員会にて、情報の収集・発信等の強化について検討し、全国各地の女性部の取り組み事例や全女性連の活動について広くPRし、女性部活動の情報共有を図ること、③国の施策や時代の変化に対応するため、月刊「商工会」誌の女性部員の購読促進することが了承されました。

平成28年度も、好評の「おもてなし交流事業」を継続実施し、女性部同士の交流促進や女性部活動の活発化を推進します。

 

 

DSC09156

末武会長挨拶

DSC09159

臨時総会の様子

DSC09242

都道府県会長研修会の様子 テーマ「立ち上がれ女性部!今こそ女性の力を。」 講師:まちづくり実践活動家 綱嶋 信一さま

 

<検索先頭に戻る>

1.わたしたち商工会女性部は、女性の特性をいかし、地域振興発展のよき協力者であるとともに、推進者となります。
1.わたしたち商工会女性部は、商工女性の使命感に徹し、組織活性化の原動力となります。
1.わたしたち商工会女性部は、社会一般の福祉の増進に努め、豊かなまちづくりの担い手となります。
商工会の機関紙である月刊「 商工会」に、各地女性部(県女性連含む)の事業(各種活動・イベント等)を取り上げていきますので、是非、皆様からの情報提供をお待ちしております。